顧客に満足Satisfactory
活力に富むYoung
環境に末長くNatural
専門的な技術Knowledgeable
海を越えてOversea

主な事業

2003年5月会社設立,資本金500萬元。初期の業務はゴミ焼却プラントで

の代行業者である事、“神固有限会社”名付けました

2004年4月、台北市環保局內湖ゴミ焼却プラントでの塵収集契約を獲得。

それは神固公司が本格的にこの分野に初めてのプロジェクトでした。

同時にいままで最も良い代行操作業者と容認された。

2006年6月、“神固環保科技有限公司”へ変更,持続的に塵収集の技術向上に取り組んで参りました。

ひき続いて、台北市木柵、彰化縣溪州、屏東縣崁頂、台北市北投、苗栗縣竹南、台中縣烏日六ヶ所のゴミ焼却プラントの塵収集契約を獲得し、しかもより環境にやさしい処理方法の研究に取り組んでいます。

2009年10月、桃園縣羅浮小学校及び台北縣柑園小学校に設けている

実物宣伝用として“公共事業の太陽光発電システムの設置”、其の契約を獲得しました。これによって、太陽光発電システムに関わる事業に本格的に

投入することになりました。

2009年11月,台北市木柵ゴミ焼却プラント埃洗浄の改善のプロジェクトを

入手し、僅か半年の時間で完璧に終え、埃洗浄並びにリサイクル事業の先頭に立つ業者になりました。

2010年3月,資本金を1200萬元に増資。設計、資材購入、据え付け、試運転

等の科目を持つ会社になり、同年10月 資本金を2,000萬元に増資。

2011年4月,資本金を3,000萬元に増資。

2012年6月,既に取得した台灣新幹線の施工の需要に応じて

“神固國際科技工程企業有限公司”に変更

よって、環境事業及び鉄道事業の分野に参入することになりました

2013年,台灣新幹線新駅の環境保護の契約を獲得。

內容: 噪音の観測、吊り上げ作業、環境企画、交通運輸、廃水廃棄物の處理

、教育訓練、執行、監察等。

2013年,台灣新幹線新駅(苗栗、彰化、雲林)の契約を獲得。

内容: 通信設備システムの設計、見積もり、界面の統合等

2015年,日本檢查株式會社(JIC)と業務提携し,設備検査に投入、新たな事業分野の一歩を踏み出す事になります

 

HOME | TOP